つらつらと③

http://hara-artist-reiko.hatenablog.com/entry/2017/11/12/160728

続き

 

 

f:id:hara-artist_reiko:20171112161058j:image

f:id:hara-artist_reiko:20171112161106j:image

f:id:hara-artist_reiko:20171112161129j:image

f:id:hara-artist_reiko:20171112161138j:image

f:id:hara-artist_reiko:20171112161208j:image

f:id:hara-artist_reiko:20171112161220j:image

f:id:hara-artist_reiko:20171112161231j:image

f:id:hara-artist_reiko:20171112161250j:image

f:id:hara-artist_reiko:20171112161316j:image

 

にっしーと遅めの昼ごはんに、福太郎のお好み焼き&ねぎ焼き!

 

その後少しお茶して話してて

にっしーの眉毛が気になる。笑

 

悪くはないし、別にどっちでもいい。

だけど、昨日出逢って話を聞いたんだ。

 

彼はこれから自分で、しかも、今までやった事のない営業(をかける)事も含めて自分で仕事やっていくって話を。

 

で、眉毛が気になる。

 

まだら?というか。

少し何か例えば

自分でアイブローで書き足したり

例えばメンズエステ的な場所でお姉さんにやってもらったり

例えばコスメコーナーで販売員の人にやり方聞いたりオススメを聞いたり

 

してみては?

と。

 

そしたら、特に、その眉毛のまだらさは気にしてなかったみたいではあるけど

「した方がいいんかなー?」

って。

 

いや、どっちでもいいんやけど。

 

なんとなくそういうのどう?と思って。

 

「でもなー、そういうの必要よなーって思っとった」

と、本人が言ってたから

その意識はどこかにあった模様。

 

 

でも、分かるんやけど

そういう、未知の?分野にいくときに

自分がどう出るかやねんなー。

 

 

そこでさらに私が話したのは

 

「いや、ちゃうねん。いいねんけどさー、なんかさー、例えば

ドヨーントしてたり、なんかあまりにもオドオドしてたり

そんな感じで、コスメ販売員のお姉さんに近寄って、いきなり男性がたずねても

 

お姉さんも(人によると思うけど)

「え?( ˆ꒳​ˆ; )なんですか?( ˆ꒳​ˆ; )」

とか、

内心「きもっ」とかなるかもしれんやん。

 

 

でもさー、

にっしー自身が

「俺、自分で仕事やってくんやし、そういうの必要かもなー」

みたいな意識でさ、

 

その、

「分からん分からん」みたいな心持ちじゃなくて

 

「そうしたいねんけど、でも自分では分からないから教えてもらおう」

みたいな意識でお姉さんに聞けば

 

「あ!それでしたらこういうのは使いやすいですよ」

とかさぁ

なんか、そんなんなりそうじゃない?

 

みたいに、思うことをにっしーに言ってみたら

 

 

「あぁー、そういう視点で言われた事ないわー。それ、大切よなー」

みたいな反応してくれて。

 

し、してくれた、よね?笑

 

そんな話題が出来てる事が嬉しかった。

 

ぼんやりと思ってた事の1つに、こういうことがあったから。

 

 

例えば、バリバリに既に自分で仕事をしてる人に

私がそんな事言うのはおこがましい

(と、今の私は思ってしまう)

 

 

けど、昨日出逢っての今日やし

しかも昨日、仕事の事を聞いてたから言えた。

 

別にぶっちゃけ

にっしーがそれをしようがしまいがどっちでもいい。

 

眉毛をいじったから仕事が上手くいくのかは知らん。

 

ただ、そこに向かう心持ちは大事なんじゃないかと思ってて。

別に眉毛以外で心持ちを何かあげていけるものがあるならそれはそれでいいと思うし

 

心持ちをあげなければならないなんて事もない。

 

自分がどうすれば気持ちいいか、心地いいか

そこに尽きる。

 

 

 

 

仕事してたりすると、人付き合いって決めれないよね。

(好きな人とだけ仕事出来るとは限らないよね)

 

・・・いや、でもそれも実際は割と出来る

って事も言いたいけど

それを言ってしまうとまた別次元の話になるから

 

「好きな人とだけ仕事出来るとは限らないよね」

で、話を進める。

 

 

ほんで私は

仕事なんて、好きな人と(【好き】だけじゃ)出来ない

 

って思ってたから、

 

そんなくらいなら嫌な事はしない

 

みたいな感じで生きてる?んやけど、

 

 

どっちみち?

日々出逢う人が、全て私の個人的な好みバッチリの人ばかりか?

ゆーたら、

そんな事ない!!

(失礼発言やけど、正直、ぶっちゃけ、そうよ)

 

私は仕事出来ない(やらない)人やけど

仕事をしてたとしたら

今やってる事結局同じ。

 

要は、仕事してなくても結局は

「関わる人は好きな人とだけではない」

って事になってる。

 

それが面白いなーと思ってこれを書いてるんやけど。

 

 

だって、

「嫌な人と関わるくらいなら(嫌な気分になるくらいなら)仕事なんてやらんわ!」

って、

仕事してないのに

 

(それだけじゃないよ。ざっくり言えばの話)

 

仕事してなくて

好みの人以外との関わりがある

 

って状態にウケる。

 

 

見た目とか

なんか最初のパッと見の印象とか

口調とか

相手がとってくる(保ってくる)距離感とか

 

全然、好みでもないし

「どうすりゃいいねん」

って人と関わる関わる。

 

私が、嫌々仕事してたとしたら

(会社なりバイトで雇われてたとしら)

 

こういう逐一起こる

私的にはアクシデントですよ

 

「どうすりゃえーねん」

「げ、こいつ無理」

ってのは

アクシデントです。

 

もし雇われててアクシデント起こったら

私は、心閉じたり相手に合わせたり自分で抱えたりして

キツくなってらフェードアウト

(無断で休む、辞める)

を、します。

 

 

でも、今はそこまではしないなーと。

 

本当に無理なら

無視する

ブロックする

訴える

通報する

 

っていう手段もあるし、必要ならばすると思う。

 

でも、そこまでじゃなくて

でも「ちょっとこの人苦手」とか「自分からは積極的に近寄らないし知ろうとも思わんなー」って相手

 

そんな人と関わることが多いんやなーってのが今言語化出来るからしてる。

 

 

酷いこと書いてる?笑

 

 

高速のパーキングでヒッチハイクしてる時は自分からトラックとかに話しかけに行くけど

それ以外は相手から来てくれる。

 

宿探しもそう。

 

スケッチブックに表示して立ってる。

 

自分から、すれ違う人に

「今日泊めてもらえませんか?」

みたいな怪しすぎることは出来ない。

 

 

ほぼほぼ男性。

ほぼほぼ男性やから

そりゃー下心で声掛けてるのが95%でしょう。

 

下心ありやとしても

【相手】が【私】に声をかけてくる。

 

 

そう。選べない。

(マジ無理で断る事はあるよ!当たり前)

 

 

 

なんか、それはそれでよくよく考えると

私にとって苦手な事を

よーやってるなーと

改めて思ってたのを言語化出来た☆

 

 

昨日は華ちゃんとライブ行ってきた。

 

f:id:hara-artist_reiko:20171112164847j:image

f:id:hara-artist_reiko:20171112164853j:image

f:id:hara-artist_reiko:20171112164927j:image

f:id:hara-artist_reiko:20171112164939j:image

f:id:hara-artist_reiko:20171112165005j:image

f:id:hara-artist_reiko:20171112165019j:image

f:id:hara-artist_reiko:20171112165048j:image

f:id:hara-artist_reiko:20171112165101j:image

f:id:hara-artist_reiko:20171112165115j:image

 

 

ライブ終わってスーパー銭湯行きたくなった。

 

シャワーで髪や身体を洗えるのもありがたいけど、お風呂にも浸かりたい。

広いお風呂に。

 

 

華ちゃんに

スーパー銭湯行きたい。近くに太平の湯があるんやけど」

って言うと、

「行くか?」と。

 

 

行きたい!

けど、、、笑

 

 

華ちゃんとの待ち合わせ前ににっしーと福太郎行った時

にっしーが革ジャン?を貸してくれて。

 

私が寒い寒いゆーから

「貸してあげるよ」と。

にっしー細身で、うっすいのに。笑

 

 

で、革ジャン借りてるー、

しかも、その革ジャンのポケットに家の鍵入ってるー、

にっしー、10時に仕事終わるー。

 

ライブ終わったの9時頃。

 

要は、

薄着で鍵も無いにっしーを

待たせる事になる。笑

 

 

でも、お風呂行きたいー。

 

 

f:id:hara-artist_reiko:20171112165715j:image

 

LINEだけ入れて、華ちゃんとチャリニケツして行ってきたー。

 

 

ほんで、戻ってきてにっしーに連絡。

華ちゃんから

「飯行くか?」と誘ってもらったけど、

 

「さすがにこれ以上にっしーを待たせる事出来ないから今日はやめとく」

って言ったんやけど。

 

「その彼も一緒に3人で飯食うか?」

って提案されて

にっしーに聞いてみた。

 

そして合流。

f:id:hara-artist_reiko:20171112165123j:image

f:id:hara-artist_reiko:20171112165139j:image

 

 

 

今日はまた、遅めのお昼ご飯に

ナンが美味しいインドカレー屋さんへ。

 

f:id:hara-artist_reiko:20171112170054j:image

f:id:hara-artist_reiko:20171112170100j:image

 

ナンだけ食べても美味しかったー!

カレーにナンをつけずに

カレーをスプーンで食べてたら

「そんな食べ方する人はじて見た」

って言われたけど、

 

いや、別に他にもおるやろ。笑

 

 

「カレー無くなったらどーすんの?」

 

「いや、ナンだけ食べれるやん。ナンだけでも美味しいやん」

 

 

美味しゅうございました!!

 

 

にっしー、打ち合わせ?に出かけたので

スタバスタバ♡

 

1人時間必要。

 

ブログ3つ更新完了。