私の技「ピピっ」の一例をシェアしたいと思います!

久々に、ブログを使って発信٩(ˊᗜˋ*)و♪

 

今後、こちらでの発信していきたいなー

ってのはこの頃思ってたんです。

 

「書きたい時に書きたいように」

は、相変わらずやけど

 

なんか更に、私的に「うふふ♡(。>ω<。)」の、いい感じの何かをお届け出来そうで、それもまた私が楽しみです😊

 

 

で、私のシェア。

長くなってしまったけど、

「なになに?」とか

「どれどれ」とか思ったら読んでみてー☆

 

 

私が結構やってる技として、
「あ。これいいやーん」
と、

ピピっと来た文章をストックするというのがあります。

 

なんの話や。笑

 

ブログのリンクだったり
Facebookなら投稿(文章)をコピーだったり。

それを、保存したり
メモ機能に移したり

そんな事を小賢しくしています。笑🤣

 

多分、それが人によっては
宝地図?
(なんか、よー知らんけど書き出すんか?あれ。写真やっけ?よく知らない)

だったり


ドリームマップとか?
(こっちが写真や雑誌?)

 

はたまた、
ポストイットとかで貼り付けて~とか

手帳使う人もいたりとか

なんか、人は色々な好きなやり方でやってると思うけど


私の場合、手っ取り早く
誰に言われるでもなくやってるのは
コピペかな~と。

 

「ピピっ」と反応するねん。

(その、反応の原点のような話も重要やったりするけど、ここでは省きたいので省きます!)


で、

更に私の特徴として
【(多分、他の人よりも!)すぐに意識が上にいく】
っていう個性を持っていて。

 

それを言葉にするとしたら~

 

「ピピっ」のすぐ後に

 

「あ!そんなん私には無理やった」

→😨

とか

 

「あー、ダメダメ!そんなものにかまけてる場合じゃない」

→😤

とか

 

「ほらね、そうそう。かまけてる場合ちゃうねん。よそ見すな。今見てみぃや。そんなおとぎ話のような都合のいい話はないねんで」

→🤐

 

 

そうして、あっいう間に

それが本気でホンマに

さっきの「ピピっ」と来た時点とは違う地点へ。

 

 

時間的にはほんまに数秒やのに

数秒の間に距離は大きく離れてる。

 

「ピピっ」の地点と

最終地点

 

 

これ、ほんまに同じ人???!

ってくらいに。

 

 

もう、私の場合はこうなってしまえば

さっきの

「ピピっ」の、

あの、開けた感覚に戻るというのはとても大変🤣

 

 

あ?

でもねーーー

それが、そこまで大変じゃなくなったんや。

 

話が行ったり来たり。笑

 

 

多分、

 

例えば15年前は

「ピピっ」っていう、それすら、感じられなかった。

というか、

15年前はまだ必要なかった  って感じかも。

(プロセスとして?)

 

当時私は、バレーボールしてたから

(19歳とか20歳とか)

 

 

そうやな~

そんな感じで、「ピピっ」のキャッチがさほど必要ない期間がずーっとあって

 

そしてどこかのタイミングで、

これも感覚的な話、抽象的な話やけど、

 

はたと気づいたというか

何かがおかいしと感じて

色々求めた。

 

そして、何となく

これまでの私では受け取らなかった情報を受け取って。

 

 

それが、今でいう

「ピピっ」やねんけど、

 

その、情報を受け取り始めた5年前とかは

まだまだ今よりも

「ピピっ」を、

勘違いとして扱う私でした。

 

んーーー、

感覚やねんけど、

 

 

5年前の私がいた、その生活圏。

 

その当の私にとっては、その現実がリアル。

(普通、そうですわな~)

 

 

「リアルが現実としてあります。」

「ここが私の場所で、これが私です」

という立ち位置だった。

 

その立ち位置の私が

その立ち位置でも

「ピピっ」を受け取ってはいたんやけど、

 

まー、私という人間は

この人生で、たいして仕事ってしてきてないはず。

やけど。

にも関わらず

 

「ピピっ」を、

 

「まぁ、いつかね。その気になればね。私には私の生活あるし」

みたいな感覚やった。

 

 

なんか、淡々と書くと面白い🤣笑

 

 

なんやけど、それでも多分、

(今思えばの話ですよ~)

潜在的に【本当】を知っていたのかなーと。

 

言葉にすると

【その予定だった】

とかになるのかな?

 

私の感覚を表現するとこうなるって話ですが。

 

 

何が言いたいかというと、

最初に書いた

 

「ピピっ」と、

その後の最終地点の話やけど

今は、

いやー、今も、最終地点までドーーーーンと行ったりするんです。笑

 

けど、

割とすぐに戻れる (ピピっ くらいの場所に)

もしくは、

ドーーーーンに行った時に私が受けてる体感が前とは違う

 

そんな感じ!!

 

 

そんな感覚になったのは

ここ最近が特にそうやし、

ここ数ヶ月で徐々にそんな感覚に。

 

 

 

だからつまり、

それ以前

去年とかは、

ドーーーーン(ドヨーン・・ ∥;|||( ´・ω・)||;|||)とした時、

「ピピっ」の時の開けた感覚に戻るのにもっと時間かかったし、

 

更に二年前とかは・・・・

 

(笑)

 

暴露。

「ピピっ」はありながらも

その「ピピっ」の感覚そっちのけで

 

ドーーーーン

ずどーーーーん

わーーぎゃーーー

 

って溺れてました(笑)

 

ホンマにそんな感じ。

 

 

 

で、今。

(あ、人のやつコピペして保存するんです~の話に戻ります!)

 

「ピピっ」

「あ、これいい」

「もーらいっ!」

ってなって、粛々とやってる時に

 

 

やっぱり、意識が上にあがりそうにはなるし

とにかく、色々

頭の中に声がきこえたり

身体でも、緊張とかの感覚や

身体のテンションが下がるような感覚を感じます。

 

 

で、私はそうなった時って何をやってるかなー?

と振り返ると

 

「ピピっ」を集めてるのをやめる必要ないし

そのまま気が済むまで続けてるなー。

 

身体のどこかが重くなったり

苦しくなったり

ザワザワしてるのを感じつつ。

 

 

で、「ピピっ」を保存するのが終われば

「よし、完了☆」

みたいな感じ。

 

 

「ピピっ」は

私が素敵と感じる感覚集めみたいなもので。

 

素敵と感じるし、好きなわけで。

 

 

多分、前までなら

「ピピっ」のその対象は

私なんかより程遠いものに感じてギャップに苦しんだり

 

苦しみながらも

「そうなろう」として

なーんか知らんけど

 

その為に何かやらないといけない気がして

「何をしたらいいんやろう」とか←例えばね。

 

常に、張り巡らせてた。

 

 

この、

文章などを保存する話は一つの例です☆

 

ヒッチハイクの時

宿探しの時

路上でのパフォーマンスの時

どのシチュエーションでも、

とにかく私は

1人で居ても、

私以外の人が例え1人でも居たとしても

 

どっちでも、

どちらにしても

ふっと意識が上にいって

 

なんだか自分がごちゃごちゃなります。笑

 

 

ここに発信した事は、あくまでも私の感じ方のシェア。

 

ヒッチハイク

しかも、「日本一周」とか「どこどこ観光したい」とか「ご当地食べたい」とか「自分探しの旅」とか「休みを取って旅行で」とか、

ほとんどの人がそういう目的意識?で

ヒッチハイクする人はそういう人やのに

 

(実際、乗せてもらった車の人と話したり、ヒッチハイカーと出会ったり、元ヒッチハイカーの人と接して話たら、実際に私の出会ったみんなは、なんらかの目的意識でヒッチハイクしてはる人やった)

 

 

ヒッチハイク、宿探し含めて

年齢、性別、職業、生い立ち、興味のあるもの、休日の取り方、ものの考え方

 

全然違う人達。

 

ぜーんぜん、みんな私より立派な皆さんで。

ほんま、それこそ意識が上にあがって

 

あれーーーーーーーー!!って、

どこか奈落の底に落ちるような感覚とか

閉ざされた感覚とか

居心地の悪いザワザワした感覚とか

浮き足立った感覚とか

飲み込まれて非力さ感じたりとか

 

 

逆に(感覚的に)、

相手より優位にたったりとか

 

この、目に見えない部分での

意識?の動きが面白いなーと🤣

 

 

「よくもそこまで、慌ただしく飽きることなく、、、ほんま、お疲れさん!」

って、自分で言いたくなるし言ってる。笑

 

 

「ありがとうー」とも言ってる。

 

 

 

言葉として、

 

「人は人、自分は自分」とか

「みんな違ってみんないい」とか

あるにはあるけど

 

その教訓?自体には

「そー!そーー!」

とは、なれない私。😅

 

 

多分感覚的にはそんな事は分かりきっていて。

 

多分、その上で

「で?だからどーすんねん?」

って感覚がある。

 

 

いちいち、

個性を確認する必要も

他人を賞賛する必要もなくて

 

やりたいと思ったことを素直にやればいいみたい(⌒_⌒)