読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

深夜のメモ~

記録

声フェチ

例えば私は基本的に(基本的にって?笑)
「声フェチ」なのに。

そもそも、

 

■声が(かな?)好き
■なんか、好みの声がある
■でも、好みの声はあるけど、ある意味【声だったら極論なんでもいい】も、ある。
(例えば、普段は好みとしない声やとしても、ふと「その人らしさ」が垣間見える瞬間ってのは好きって意味合いで)

 

とりあえず、
そもそも【声】が好き。
もっと言えば、それを潜在意識というか根本的な根源的な部分で【音として感じてるから】やろうし、もっといえば【エネルギー】というか【周波数】【波動】か。声って概念は人間的やから?

あと、周波数とか波動とかの「高い」「低い」の話もあるやろうけど
(より、「精度がいい」とか、「古代的」とか)
それはそれであるとして、
ジャッジには使いたくない。。

 

なんでこれを書こうかと思ったかというと、
さっきお風呂入ってて
「そもそも・・・」って思ったから。

そもそも「声が好き」なのを、忘れる。笑

「声が好き」があって、
「出すのが気持ちいい」
「楽しい」
を感じてるのも好き。

だから、私にとっての “そもそも” (声が好きって事)
を忘れるとどうなるか。

 

私の場合やと、

「こんなに練習してなんになるんやろ」って感じ始める
(→そもそも、「練習」とかの意識になってる時点で忘れてるw)

 

「即興で出来るのが良い(素晴らしい)」みたいな、錯覚をあたかも採用する
(→承認欲求。承認欲求は無くならないしあっていいんやけど、承認欲求を拗ねや発散に使うのは、体験的に痛い目にあう・・・)

 

「私はつまらない奴だ」って自己否定
(→でた!得意の自己否定。 つまらない奴と思いたくない(自分を大好きになりたい)のに、やっぱりこの、自分で仕掛けた罠には何度も引っかかる)

 

いやいやいや、
そもそも「好き」なのを忘れてる✋( ̄  ̄*)

好きだから
周りからは「凄く頑張ってるね」と見られるくらいに、でも当の本人は意外と、好きやから続けられてる。ある意味才能。

 

「即興」が「良い」ってなんやねんそもそも。
良いから、良さそうやからやるってなんやねん?
それがしたいなら→やる だけ。
「そうしないといけない(ような気がするから)」で、やろうとしても、なんも面白くなるなる。そうなっていくと
「歌うの好きなのかな?」とか
「もう嫌い」とかに・・・・

 

いやいやいやいや✋( ̄  ̄*)笑

ほんま、こんなことってよくある。

なんか自分メモ~

 

 

 

 

自分の事を大好きに

http://hara-artist-reiko.hatenablog.com/entry/2017/02/23/213012


- -----
木崎麗子 Reiko Kizaki(れいちぇる)

熊本県山鹿市在住、たまに関西)


Email:reicheru07rei@gmail.com
LINE:sara.mukai_rk7

Instagramhttp://instagram.com/reiko_official_0153
Twitterhttp://twitter.com/reiko_07day

【レイチェル活動】Facebookページ:https://m.facebook.com/jibundaiski.suteki/