読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歌い方レッスン@京都、レッスン後に「おなかの人」の話もした

歌い方レッスン レイチェル活動

山鹿に帰ってきてます( ' ᵕ ^ )ノ

 

さて、19日の事はこの記事

滞在3日目最終日 の、はずが、1日延長。それもいい。それもあり。 - もう、いいやろ?明かしていこ、世界へ😆✨

に書いてまして、

Aさん(匿名)の方から「おなかの人というのは…?」って聞いてくれたので、質問に対して私も答えていきました。

ってのは上の記事に書いたけど、まだ続きがあるので書いていきます(*^^*)

 

1時間程かな?話してるとあっという間で、終わり際に「まだ興味ありそうなら、これで良かったらあげます!が、 どうしますか?

自分のなので、書き込みしてたり折ったりしてるやつですが、今持ってるのはこれなので」

って出したのがこちら

f:id:hara-artist_reiko:20170221101641j:image

ほんまに、左のやつは角を折りまくり~、

右のやつは外に持ち出して朗読してたり、歓魂祭でも読んだのでシワっシワ~( ˆoˆ )/

 

「読んでみます」って事やったからあげた!

 

 

そして、その日のうちに感想を送ってくれました( ˆoˆ )/

 

小冊子読みました。読みやすかったです。

「おなかの人」と言う表現が独特ですが、他で 魂 とか 真我 と言われてるような事と思います。

呼び方はともかく、小嶋さんがおなかの人の声を聞けたのがキーポイントだと思いました。

プロセスを経験するとか、自分を変えようとせず完璧だと思うとかは、その通りだと思います。

使命を見つけるのが難しくないとか、価値観の大転換とかは新鮮でした。

f:id:hara-artist_reiko:20170221101949j:image

 

ちょうど、好きプロへみっちゃんのセッションを受けに行ってて終わった頃にメッセージに気付けたので、その場でみっちゃんにも

「あ、読みましたって感想来てる!」って伝えました✩

 

私を通じて、おなかの人を知ってもらった。

私が発してる何かを、なんらかの形で「本当だ」「真剣だ」「よく分からないけど、嘘っぽくはない」

そのように感じたから、

私はただ、聞かれた事に話しただけやったけど、

お金をきちんと支払って下さったという事は、そういう事なんやね。

 

 

みっちゃんが、おなかの人と名付けた存在が、

今、世間で使われてるものの中でどれにあたるのか?

・本来の自分

・本当の私

ハイヤーセルフ

・天使(とか、ミカエルとか? 私はそのへん詳しくない)

ブラフマン

・創造主

・宇宙

・魂

・生まれる前の自分

 

そのようなものです。といえばそうやけど、

そのような「用語?名前?」が、どういう使われ方をしてるのか?とかによって

「おなかの人」とは別の認識になって理解しにくくなったりもする…かも?

 

でも、その人が持ってる価値観に合わせてみっちゃんは紐解ける人やから

誰でもおなかの人と会話出来るようになる!

 

世間で言われてる、そのようなものの中のどれにあたるのか?は、そんなに重要じゃなくて、

 

■みんなの中に、1人1人のおなかの中にちゃんと居る

 

■おなかの人は、持ち主さんに気付いて欲しがってる

 

■あとは、あちら(おなかの人側)と、私達が持ってる価値観が全くもって違うので、そこをまずは知っていくのが大事

 

■「幸せには簡単になれる」って事を新しい物の見方から知っていく

 

【自分の事を大好きになるワーク】をして、それに真剣に取り組んでいけば、いろーんな事が腑に落ちてくる

 

 

 

講演会でも少し話は出てきたし、

f:id:hara-artist_reiko:20170221104439j:image

この本にも最初に少し出てくるけど、

色んな人が色んなところで言ってる考え方(宗教、スピリチュアル、自己啓発、哲学)は参考になるし「そうなんだろうな」と、その時は納得しようとするけど、どうも腑に落ちないしスッキリしないまま、また悶々とする

ってみっちゃんもそうだったみたいで。

 

〝何のために生まれて、何をして生きるのか?

 という事について、

「辛い経験を乗り越えて魂を成長させるため」

「魂を磨くため」

みたいな事を、私も、例えば軽い気持ちで(でも、その時は悩んでて真剣)占いをしてもらったり、

色々な本を読んだり、パソコンでキーワードを打ち込んでヒットしたブログやサイトを読んでみたり沢山してきて。

 

とにかく、20代半ばくらいから色んな考え方を沢山知ることになるけど、結局は「迷い」からは抜け出せないま、9年くらいしんどかったーーー。

(生きづらさは、10代の頃から)

 

それらのやり方や考え方とは全く異なるという事だけ知っておいて下さい✩