読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

滞在2日目のブログ

おなかの人 レイチェル活動

昨日(18日)は、午後からみっちゃんの講演会。

 

天気良くて、暖かかったから大阪城公園に行こう!って思って、講演会前に行ってきた。

f:id:hara-artist_reiko:20170219222714j:image

f:id:hara-artist_reiko:20170219222727j:image

f:id:hara-artist_reiko:20170219222751j:image

 

ここの川沿い?で発声練習的にしてて、そろそろ時間迫ってきてて移動~

の、前に何曲かだけ拡声器でも歌お。となり。

 

橋の上のこの辺

f:id:hara-artist_reiko:20170219223014j:image

で歌ってたら。ほとんどの人はただ行き交って通り過ぎて行くだけやし、たまーに、少し立ち止まって、また去っていく

やねんけど、1人だけ、おじさんがずっと真正面で聞いてはった。

 

「そろそろ、私予定あるので終わりますねー」

って言ったら、

「移動して歌うの?ライブ活動とかしてるの?」

みたいに聞かれ。

 

「あ、私、歌いたいから歌ってるだけで、歌手は目指してないんです。

チラシ、こんなの作ってて」

ってチラシ渡してお別れした( ´ ▽ ` )ノ

 

 

みっちゃん講演会は、知った顔がほとんど(かな?)

でも、「あれ、新しい顔」という人も見かけて、そのうちの1人からFacebookに申請きたり。

 

講演会の写真は特になしっ。

 

終わって帰ってからFacebookに投稿したのはこんなやつ

 

「気にしぃ」は、ほんまにやめた方がいいな。。

いや、【自我】的には一生気にしといてもらう事になってるし、
もれなくその運命やし。

けど、気にしてたら(心配してたら、不安がってたら)それが大きく膨らんでそのようになるんやから。

人間は自我で。
私ら人間って、自我=私で。
(ほとんどの人々が)

それでいくと、一生その運命なんやから
一生それは変えられない事になってる。

変えられない運命なんやから、変えようとする必要ない。
だって、変えられないから。

変えようとするということは
人によって多かれ少なかれ「今」を「否定」してる。

【変えられない運命】
という事が決まっていて、それは変えられないんやから。

え、色々と絶望的になるって?笑

ほんまやなぁー。
だから、答えはあれしかないんやんなー。

世の中のほとんどの人間が意思を持ってる意識
(自我)
と、
それとはまた別の意識。

創造(段取り)を想い通りつくってはるのは、
私ら人間とは別の意識。

それってのは、
自分(人間)が持ってる価値観とは全く違う価値観を持ってる、
それが人間とは別の意識ってやつ。

で、普段主導権を握ってるのは人間意識。

なんやから、
そりゃーその人間意識が生み出す想いは、
ほとんどがネガティブなものやから、
自分の意志とは裏腹~みたいな現実になるわなぁ。

実際は、裏腹でもなんでもないのに。

げー、明日のセッションどんななるやろー。

 

--ここまで--

 

⇒で、セッション結果は、「流れに乗ってる時は(乗ってるんやから)そのまま流れに乗っとく」みたいな感じ。

 

書いてるから分かってる

には、ならない。

 

書いても忘れるし、

分かってなくても書けてしまうし。

 

私は、

やりながらアウトプット、発信を、している人。

 

新しいチラシを作った事とプラス、メニューを追加します。

 

それはまた別の記事で✩

 

 

 

で、講演会の時に印刷をお願いしてたチラシを受け取ったので、さっそく、

ドドールに入り、チラシを折って

f:id:hara-artist_reiko:20170219223832j:image

 

天禄の商店街でチラシ配りした!

f:id:hara-artist_reiko:20170219223858j:image

 

1時間程で辺りは暗くなった

f:id:hara-artist_reiko:20170219223917j:image

 

 

さっきチラシを受け取った

という方からFacebook申請とメッセージか来たり、

インスタに写真をアップしたら、そちらにもコメントが入ってて

「前々からFacebookやインスタを見るようになってて、さっき本物のれいちぇるさんが天神橋にいてびっくりしました。

しれーっと、何も知らないそぶりでチラシを受け取りました。

これからも影ながらファンでいます◎」

ってコメントで。

 

いやいや、こっちが驚きました。

誰にみられてるか分からんなぁー。

 

 

他にも、おじさんが

「頑張ってるなー」って関心してくれはった。笑