読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今のマイブームはチケット!?売れたぜ(笑)

昨日の朝方5時頃

f:id:hara-artist_reiko:20170216213555j:image

 

ダイソーのコピー用紙
B5とA5と、
B5を四つに折ったのと
A5を二つに折ったのと
情報カードと(←っていう商品名らしい。笑 左側の上から2番目のやつ)
多目的カード(って商品名。笑 一番小さいサイズのやつ)

どれっくらいの大きさに、今回は、何をどうしようかな~。
と、並べて眺めてた。

 

折ってみたり

f:id:hara-artist_reiko:20170216213729j:image

書いてみたり

f:id:hara-artist_reiko:20170216213741j:image

 

とりあえず、数時間寝て、起きて。

 

f:id:hara-artist_reiko:20170216213847j:image

チケットになった( ´ ▽ ` )ノ笑

 

山鹿でやる講話会のチケットがとりあえず出来たっぽい。

 

f:id:hara-artist_reiko:20170216213922j:image

 

数枚コピーしてカットして、

「あ、あそこに置いてもらえないかなー」

と思い付いたのは北熊っていうラーメン屋さん。

 

北熊の店の前の道でたまにヒッチハイクで立つんやけど、店内から店主の奥さんが出てきて声かけられた事も。

 

それから、去年、市内までヒッチハイクする時に乗せてくれたご夫婦が

「市内まで帰るから乗せたる。でもその前に飯食お」

と、ここのラーメン屋さんでご馳走になったり。

 

f:id:hara-artist_reiko:20170216214138j:image

その時の写真!

f:id:hara-artist_reiko:20170216214149j:image

f:id:hara-artist_reiko:20170216214158j:image

f:id:hara-artist_reiko:20170216214210j:image

じゅるり(*´﹃`*)

 

 

「これこれしかじか」と話したら、

「えらいねー。どうぞ」

ということで、大きな鏡があるところの壁に貼った

f:id:hara-artist_reiko:20170216214258j:image

f:id:hara-artist_reiko:20170216214825j:image

 

チケットは、レジ前に。

f:id:hara-artist_reiko:20170216214839j:image

 

 

それから、いつもの場所に行って。

が、そういえば、水曜日ってお店定休日が多いんやった山鹿。

 

いつにも増して閑散としてたけど、

演劇の台本読みしたり

歌ったり

『おなかの人モード』のやつやったり。

 

それやると、どんどん口が悪くなる。。(*_*)

 

「あんたら人間ちゃうねんで」

とか

「ロボットがえぇ仕事しおるわ。どんどんやる事なるなるで?暇になるで?そしたらあんたらどーすんねん?」

みたいな事を。。。( ^o^) ヒョエー !!!!!!!!!

 

さすがに足とか震えたっ。

 

 

そして、5時の夕焼け小焼けの音楽?放送?も終わって、だんだん冷えてきた頃。

 

歌ってたら、変なおじさんが。
酔っ払い。けど、ギターをしょってた。

10年前、山鹿で5年程、スナックで流しをやってた(スナックを弾き語りで回ってた)らしい。

 

「じゃあなんか弾いてよ、私歌うから」
「何が弾けるの?」
と聞いても、相手が弾けるというレパートリーの曲、私知らんし。

「え、わからんし無理」
「なんか私が知ってる歌謡曲にしてよ」

などなどやり取りし、
「じゃあ、コード分かれば弾ける?なごり雪いけそう?」って提案して
「コード分かれば弾けるよ」とのこと。

 

で、イントロスタート!
・・・。
・・・・・。

 

ちょ、ちょ、ちょ。。
ちょ、今どこ弾いてんの?
「てか、おじさん、下手やな」
「ほんまにギターやってたん?」

へたー( ̄□ ̄;)!!

 

「ちょっ…と。結構キツイ事言うね」
「いや、だってほんまやん。チューニングも合ってなさそうやし、え、下手。笑」

「今は流しやってないん?」
「もうやめた」

「じゃ、なんで、ギターしょってんの???」
「ロックだから」

 

・・・・。

 

なんじゃらかんじゃら~

結局、とりあえずなんか一曲、一番だけでもやろうよって言って、
相手さんが「神田川」と言うので
私が歌詞を見ながらそれに合わせた。

という、なんとも不思議な。笑

f:id:hara-artist_reiko:20170216220201j:image

 

私 「おじさん、山鹿の人なん?初めて見たわ。で、家に帰るの?」

 

「山鹿だよ。あなたは?」

 

私 「え、帰る。冷えてきたし」

 

「あなたこれからどうするの?」

 

私 「え?だから…てか、なんでー?」

 

「ビールでも飲まないかと思って」

 

私 「あ、私ビール飲まへんから。じゃ」

  

 

で、おじさんの後ろ姿もだんだん小さくなり、私も帰ろうと歩き始めた時に、車の中からおばさんが

「もうライブは終わり?」って。

 

(ラ、ライブ!!(*´罒`*))

 

「あ、もう今日は終わりにしましたー!」

「あーそぉ~。さっき通った時歌ってるの聞こえたからね」

「あー、そうなんですね!あ、私、講話会やるんですよー」

「25日?」

「あ、そうそう~。そのチケットっていうか…

 今日作ってみたんですけど、チケット、どうです?笑  もちろん全然無料ですー」

「あーそう?じゃあもらおうかね」

「何枚?」

「じゃあ5枚ちょうだい」

 

って、チケット5枚飛び立った\( ˆoˆ )/

f:id:hara-artist_reiko:20170216220127j:image

 

 

そして夜は、またまたチラシの案を書き出したりして、やっぱりチケット付きの(笑)

チラシがとりあえず出来たのでした。

f:id:hara-artist_reiko:20170216220334j:image